蓮藕茶(レンコン茶)

蓮藕茶(台湾語:lêng-ngāu-tê・レンアウデー/北京語:リェンオウチャー)はレンコンで作った飲み物です。台湾ではレンコンは漢字で「蓮藕」と書きます(日本は「蓮根」)。台湾南部で良く見かけます。作り方は時間がかかるものの簡単だそうで、一般的には蓮根を薄く切り、じっくり煮込んだ後、三温糖を入れ、冷やして作ります。台湾人にとっては母の味、昔懐かしの味なのかもしれません。

蓮藕茶(レンコン茶)

蓮藕茶はきれいなちょっと紫が少し入った色で、味もレンコンの味は残っていますが、飲みやすくて普通の日本人観光客が飲んでも意外にいけるのではないかと思います。

この蓮藕茶ですが、喉の渇きを癒すのに良いらしく、私も夏に良く飲んでいます。栄養的にもビタミンCや鉄分を多く含み、のどの渇きを癒す以外にも、暑気払い、貧血、失眠、高血圧、胃腸、咳止め、利尿などなど、色々なことに効き目がある健康に良い飲み物です。

※ちなみに写真は全て高雄市内で撮影しました。
※本記事は以前の記事を元に加筆・修正したものです。

(2012年2月19日 更新)

Twitter, Facebook, Google+で最新情報をチェック

「台湾で起業」の中の人が色々な台湾の話題をつぶやいています