2007年9月19日から、台湾の運転免許証+指定機関から発行された日本語翻訳文+パスポートで日本でも運転できるようになりました。

日本国籍にもかかわらず、日本の運転免許証を持っていない私も、日本で運転するために日本語翻訳文を入手しに監理所(日本だと昔の陸運局相当?)に行きました。

※台湾では各地の監理所が「亜東関係協会(台湾の対日窓口機関)」の委託を受けて発行するという建前になっています。

台湾運転免許証の日本語翻訳文

台湾運転免許証の日本語翻訳文

本来、2008年10月1日以降、台湾の運転免許証を所持していれば、日本の運転免許証を取得するときに一切の技能試験及び学科試験が免除されるのですが、運転免許センターまで行き、視力、聴力その他の身体機能の試験及び運転経歴の確認などがあるため、結構時間がかかるので、今のところはまだ日本の運転免許証を取得していません。またそのうち・・・ということになりそうです。

(2013年5月27日 更新)

Twitter, Facebook, Google+で最新情報をチェック

「台湾で起業」の中の人が色々な台湾の話題をつぶやいています