ネットで調べて大体知っています。英語(場合によっては中国語)ができます。台湾に友人がいます。だから自分で台湾会社設立をやりたいです(節約のためにも)。それは大変結構なことなのですが、その大変さを納得した上で取り組んでいただければと思います。

かなり上級の中国語が必要

手続は全て中国語です。それも法律用語や会計用語がバンバン出てくる難易度の高い書き言葉の中国語です。日常会話が多少できるくらいではとても太刀打ちできません。

リーガル・マインド(法的思考力)が必要

手続を理解するには中国語だけでなく、法律を読み解いたり、法律に則したものの見方や考え方ができる、リーガル・マインド(法的思考力)も必要です。台湾人だからと言って法的なことに詳しいとは限りません。

台湾人秘書を雇って会社設立や自分の労働許可の手続をするつもりが全然上手く行かず、事業を始めてかなり経ってから依頼をされた方もいらっしゃいます。その間台湾で仕事をしていたのであれば・・・無許可で労働を行った場合、最悪3年間台湾入国禁止となります。リスクはかなり大きいと思います。

またネットで見つけた文書の一部だけを取り上げて、自分の都合の良い法解釈を通そうとする方もいらっしゃいます。でもその解釈でよいかどうかは私たちではなく、まず行政機関が判断することです。もし素人解釈をして問題があった場合は自分が責任を負うことになるのです。

経営者の時間は貴重

経営者が台湾会社設立手順を独学しても若干の会社設立手数料を節約できるだけです。何の収益も生まれません。その時間を営業活動など会社が利益を上げるために必要な作業にあてた方が有益なはずです。

台湾会社設立代行をしたい?

今後台湾で会社設立代行をしたい?正直会社設立代行なんて台湾にいる日本人が真っ先に思いつく商売です。競争は厳しいですし、これだけで会社を運営するのは無理だと思います。うちも薄利なので全然儲かっていません。

人に動いてもらうのはタダではない

それでも自分でやるというのであれば、せめて他人に迷惑を掛けないようにしてほしいなと思います。

もちろんちょっと問い合わせをするレベルならうちは全然構いません。少なくともそういう遠慮の気持ちが働く人は以下の様な例には絶対該当しない方だと思います。

でも度を超えている人は本当にひどく、数十ページもの法律関係のPDFファイルを送ってきて解釈を求めたり(当然すべてに目を通さないと答えられません)、大体知っているといいつつ何十回も事細かに手順を聞いてきたり(もちろん自分で手続するためでしょう)、本を読んで自分で勉強するべき基本的なことを聞いてきたりします。もちろんタダで。

数十ページものPDFファイルをしっかり読み込むのも、最新の情報を確認するのも、答えるべき内容をわかり易くまとめるのも、メールを書くのも、かなり頭を使いますし、何よりも貴重な時間が奪われる作業です。うちに限らず、誰に対しても、そういう使い方をするのは止めて欲しいと切に願います。

(2015年6月9日 更新)

Twitter, Facebook, Google+で最新情報をチェック

「台湾で起業」の中の人が色々な台湾の話題をつぶやいています