夜市に並ぶ屋台というのも台湾では起業の方法の一つです。最近では若い人が屋台をやっている姿もよく見ます。今回は台湾郊外の夜市の屋台で台湾スイーツを売り始め、独自の味と工夫で台北市内に店を構えるに至ったお店を紹介します!

台湾スイーツ、仙草凍

台湾スイーツの一つ、仙草凍(台湾語:sian-chháu-tàng・センツァウダン/北京語:Xiān cǎo dòng・シェンツァオドン)は、仙草というシソ科の植物で作ったゼリーです。

仙草凍の日本語訳としては「グラスゼリー」とか「ハーブゼリー」とか色々あるようですが、そもそも「仙草」という植物になじみが無い日本人に訳語でピンと来させることが無理な話で、結局「仙草ゼリー」という訳語が一番無難な感じです。

中国医学では仙草の葉や茎に、暑気あたり、喉の渇き、熱毒など、色々な治療効果があるとされています。乾燥させて黒くなった葉や茎を煮つめるとでん粉やペクチンなどが溶け出し、これを冷やして固めると黒いゼリーになります。若干薬草のような香りがあり、暑気払いには最高です。

有名店「愛玉之夢遊仙草」

写真の仙草凍は通化街夜市近くにある「愛玉之夢遊仙草 (Ài yù zhī mèng yóu xiān cǎo・アイユー・ジー・モンヨウ・シェンツァオ)」というお店の「仙草奶球冰(Xiān cǎo nǎi qiú bīng・シェンツァオ・ナイチョウ・ビン)」というメニューです。私が仙草凍を食べたいときは良くこの店に行きます。

通化街夜市(Tōnghuà jiē yèshì・トンファージェ・イエシ)は2001年に「臨江街夜市(Línjiāng jiē yèshì・ リンジャンジェ・イエシ)」と改名されたのですが、以前のまま通化街夜市と呼ぶ人も多いです。

ここの仙草凍は一味違う

ここの仙草凍は良質な材料から丁寧に作られていて嫌な苦味や臭みがありません。さらにコーヒーフレッシュ(コーヒーに入れる小型カップ入りのクリーム)をかけて食べます。仙草凍には若干苦味があり、シロップを掛けて食べるのが普通なのですが、さらにコーヒーフレッシュを入れるとコーヒーゼリーにも似たなんともまろやかな味になるのです。

台北郊外の屋台から台北市内に店を構えるまでに

仙草凍の製法そのものは伝統を守り、手作りで丁寧に作る、でも昔はなかったコーヒーフレッシュ(コーヒーフレッシュは植物性油脂で製造されており、牛乳とは風味が異なります)を入れて更に美味しくする、この辺の組み合わせは正しく台湾らしい柔軟さです。

このアイデアは大当たりし、台北郊外の屋台から台北市内に店を構えるまでになりました。値段も手ごろで大盛りなので、いつも行列ができています。

仙草凍以外にも色々なデザートがあり、どれもおいしいのです。また店内には台湾の芸能人や有名人のサイン、雑誌の紹介記事(日本のものもあります)などが隙間なく並んだ中に、昔の屋台で営業していた時の写真もあります。通化街(臨江街)夜市に行った際は是非のぞいてみてください。

住所:台灣台北市大安區通化街56號

(参考資料)

※2010年4月2日の記事に加筆しました。

(2013年11月2日 更新)

Twitter, Facebook, Google+で最新情報をチェック

「台湾で起業」の中の人が色々な台湾の話題をつぶやいています