※※※※※
本記事は「台湾で起業」運営会社変更以前に「平凡人@台湾」が書いた記事です。情報が古く、至らない部分も目に付きますが、当面はこのまま公開を続けさせていただきます。台湾起業・進出の最新情報については新しい記事をご確認頂けると幸いです。(平凡人@台湾)
※※※※※

外国人が会社を設立するには色々な政府機関を行ったり来たり、事務所を契約したり、インターネットや電話を引いたり、帳簿をつけたりなど、やる事は山のようにあります。こういった作業は経験のある「プロ」に任せるのが、時間を節約する上でも賢明ですし、お金を払う価値は充分にあります。

でもこういったサービスの値段もあって無いようなもので、日本語対応が含まれたり、大手が提供するサービスになると、値段が一桁違ったりします。でも価格が上がっても自分の必要とするサービスがちゃんと提供されるかはまた別問題なのが複雑です。

良し悪しを見分けるポイントは、担当者が努力して日々勉強し、外国人の投資、会計、税務制度、ITなど、自分の専門分野に関する最新動向に詳しいかどうか、不明点があればどこに照会すればいいのか良く理解していることです。台湾では分かった振りをして、後で失敗するというパターンが多いので、分からないことは分からないこととしてちゃんと確認してくれる人が本当の「プロ」として頼りになります。

もし日本人など台湾人以外の担当者の場合は最新情報をキャッチするための中国語力が不可欠です。正直台湾や日本の会計士など、資格を持っているかどうかは余り関係無いと思います。

我々の場合、当初は友人の紹介に頼ったのですが、外国人が台湾で会社を設立する部分に関しては余り経験が無いようで、メールをやり取りすればするほど回答が不明瞭でかつ遅くなり、最終的には質問しても回答が無い状態が続きました。

幸い中国語でのコミュニケーション能力にそれほど心配がなかったので、インターネットで詳しい会社・事務所・機関を探し出し、専門や得意分野を考慮して分けてサポートをお願いすることにしました。

不思議なことにこうやってやってみると費用も当初紹介された所と比べると半額以下だったのです。その道に詳しい人であれば、何度もやっていることなので、大した話じゃないのでしょうが、その道の「プロ」を探すことが如何に大事かが再確認できた出来事でした。

※ご注意:本記事は実体験を元に書いていますが、制度の変更や行政解釈の違いもありえますので、あくまでも本記事は参考情報に留め、最終的な確認は実際の会社設立時に再度行ってください。

(2009年12月8日 更新)

Twitter, Facebook, Google+で最新情報をチェック

「台湾で起業」の中の人が色々な台湾の話題をつぶやいています