台湾会社設立・台湾支店設立・運営・事前調査など・・・台湾ビジネスを世界四大会計事務所(ビッグ4)出身、新進気鋭の台湾公認会計士と台湾滞在歴10年以上の日本人コンサルタントが「真っ向」サポートいたします。

正確な情報提供を心がけています

台湾での起業や会社設立に関して、正確な情報収集はとても重要です。でも不正確な情報も多く流れています。例えば以下のような内容です。

  • 日本人でも簡単に起業できる「○○○」という組織形態がある(実際は就労許可が取れません)
  • 就労許可がなくても、「商用」名目でノービザで入国すれば台湾でのビジネスが可能(実際は無許可での就労になります。発覚した場合3年間台湾入国禁止となります)
  • 支店(分公司)を出す形での台湾進出は、設立手続が面倒、税金面で不利(実際は支店を選んだ方が良い場合も多いです)

また代行業者が個々の手続の意味や用意すべき書類について理解しておらず、日本語で正確に説明できず、進捗に影響する場合があります。私たちはそうならないよう、お客様に日本語で懇切丁寧にご説明できるよう、台湾公認会計士の監督の下、日々研鑽を積んでいます。

台湾では明文化された法律や規則があります、私たちは不明点がある場合、必ず法律や規則の中国語条文にまで立ち戻って確認しています。またそれでも曖昧な点がある場合は、会計士が監督機関に直接確認を行います。

1日でも早く・・・効率的な進捗管理を行っています

代行業者が実際の手続を他の事務所に「丸投げ」している場合、実際の進捗管理が全くできないことがあります。私たちは自分たちで手続を行うだけでなく、「待ち」の姿勢から脱し、常に一歩先を見た積極的な進捗管理を心がけています。

外資が台湾で会社や支店を登記するにあたっては、色々な政府機関や金融機関への手続を順番に行う必要があります。過去の経験を踏まえて、出来る限り早く台湾拠点が営業開始できるよう、手続の流れを最適化しています。

また政府機関とのやり取りも申請文書が到着した頃を見計らっての到着確認から始まり、定期的に電話で処理状況を担当者と確認することにより、進捗を確実に把握し、早く次の手続に移ることができるようにしています。

こうやって各プロセスで1~2営業日ずつ日程を短縮することで、トータルで1週間以上の期間短縮になることもあります。

トータルで良心的な価格設定

公平・透明:同一時期・同一条件の場合、どなたに対しても同じ見積をお出ししています。相手が相場を知らないのを良いことにこっそり値上げをしたりしません。2015年2月1日現在の代行手数料の目安は大体以下の通りです。

  • 「有限公司」「分公司(支店)」設立:3~5万台湾元/社
    ※株主1名・資本金500万台湾元未満・特殊許認可不要の場合
  • ビザ・就労許可・居留証取得:2~4万台湾元/名
    ※日本国籍・通常の場合

料金がどんどん増えない:例えば法人名義の銀行口座は会社設立時に必須で、結構手続が複雑なのにもかかわらず、業者によってはこのサポートをオプションとしている所があります。我々はこういった物は全て基本的なサポート範囲に含めています。予想外の料金がどんどん発生することはありません。

品質を落とすような値下げはしない:価格だけで見れば私たちより安いところもあるかもしれません。でもその価格でサービス品質を保てるのでしょうか?結局どこかにしわ寄せが来ないでしょうか?私たちはサービスに見合った合理的な対価を必ず頂戴することにしています。

事務所・代表者住居・IT環境整備など

会社設立に関しては他にも準備することが色々あります。例えば以下の事項についてもご相談を承っております。

  • 事務所や台湾拠点代表者住居の契約
  • 台湾携帯電話の契約
  • ADSLや光回線などのインターネット接続契約
  • 会社メールやPC、社内LANなどIT環境の設定
  • Web制作やネットを使ったマーケティング
  • 人材採用
  • 中国語家庭教師アレンジ

長期的な信頼関係を重視しています

我々との付き合いは会社設立後が本番です。台湾ではいわゆる「駆け込み決算」はできず、会社設立完了と同時に会計帳簿の記帳を開始しなければなりません。他にも日本との制度面での違いもあり、記帳代行を始めとする以下の事項は最初から専門家に頼むのが普通です。

  • 記帳代行
  • 営業税(日本の消費税相当)申告 ※2か月に1回
  • 「統一発票」(営業税インボイス)購入代行 ※2か月に1回
  • 法人税申告
  • 決算書作成
  • 税務調査対応
  • 社会保険(健康保険や労働保険)加入・追加・変更手続
  • 税務・会計相談
  • その他、出納代行、業務代行など

また私たちの経験や知見の限りで「よろず相談」も承っております。

台湾で会社を運営していると、細かい疑問がいろいろ出てくるものです。こういった時に台湾に安心して質問できる相手がいるのといないのでは大違いです。我々もできる範囲でアドバイスさせていただきます。

実績について

私たちで設立をお手伝いした会社の規模は資本金数十万から数千万台湾元までと様々です。またまた様々な業界・業種での実績がございます(飲食、IT、製造、設備、人材派遣、コンサルティング、半導体、食品、農業、貿易・・・など)。業界・業種によっては特殊許認可が必要な物もありますが、そういった手続や事前調査についても実績がございます。

Twitter, Facebook, Google+で最新情報をチェック

「台湾で起業」の中の人が色々な台湾の話題をつぶやいています